クビンス・サイレントジューサー

クビンスジューサー(JSG721)を購入

「野菜ジュースを作るなら栄養の損失が少ない低速ジューサーが良い」

そう思って前々から低速ジューサーを探していたのですが、私はクビンスのサイレントジューサー(JSG721)に決めました。

理由は、以下のような感じです。

  • 選ぶなら低速ジューサー
  • 石臼方式でステンレスメッシュでタフそう
  • 投入口が大きくて使いやすそう
  • 10年保証付きは安心(販売店特典)

最後まで迷ったのが「Pro版にしようか、どうしようか…」というところでした。

正直、今でも最上位モデルのPro版が欲しい…。

なぜなら、通常版では節約されている構造や機能だったり、改善点がしっかりと組み込まれていて、長く使っていると「やっぱりコレで良かったな」と思えるからですが、さすがに税込みで10万円は考えてしまいますね…。

「10万円したんだから元取らないと!」と思うと、大体使わなくなるものです。笑

Pro版は長時間稼働にも耐えられるように作られた業務用レベルらしいので、個人で使うならそこまで必要無いと思いました。

と言っても購入した通常版(4万2千円弱)でも十分に良いお値段ですけどね。

価格以外には、サイズもPro版は大きいかなという印象でした。寸法比べたら、そんなに変わらないけど、感覚的にちょっと大きさがオーバーな気がしています。

通常版位が丁度良いサイズです。

ジューサーはこちらの販売店から購入しました
店舗独自の10年保証とにんじん3kgが貰えます。

サイレントジューサーが届きました

商品が届きました。

箱を持ち上げてみると、想像していたより重くなかった気がしますが、中身を取り出して本体を持つとどっしりしています。低速でパワーを出すタフなモーターを使っているから、しっかりした重量感があるんでしょうね。

梱包もちゃんとしてます。

韓国メーカーの電子機器がどの位良いのかは、そんなに使った事無いのでわかりませんがクビンスに関しては安心。

一個一個のパーツがちゃんと作り込まれている感じも良いです。

最近は、「Made in Japan」と書かれている家電でも、なんだか作りがチープに見えるものが増えてがっかりしていたので、どこの国で作られているとかより、メーカーごとのこだわりによりけりなんでしょうね。

組み立ても特に問題なくすぐ完成しました。

スクリューをモーターの先端にしっかり固定するのが、少しコツが必要かもしれません。ここがしっかりはまって無いと、投入口のパーツが収まりません。

キレイshop経由ならにんじん3kg分が貰える

クビンスのサイレントジューサーは、楽天でも色々と扱われているので、「じゃあ、一番安いところにしよーっと!」位に考えてましたが、キレイshopなら10年保証が付く上に、にんじんが3kg分貰えるうれしい初回特典付き。

実際にどんなにんじんが届くのかな?

「小さっww」

カワイイサイズのにんじんが30本入っていました。
1本、100g位ですかね。

ちゃんと3kg位は有りそうなので良しとしましょう。

ただし、届いてから痛んで黒くなってくるのがちょっと早かったなという印象です。常温でももちろん、冷蔵庫に入れても同じ状態でしたが、6、7杯作れたので良いトライアルになりました。

早速使ってみました!

とりあえず、特典の小さめにんじん5本で試してみました。

皮むきするなら、左のシャープナーがオススメです。りんごの皮むきも包丁使うより何倍もキレイにできます。ただし、切れ味抜群なので取り扱い要注意ですけど。

ちなみに、私は、にんじんもリンゴも皮は剥く方です。残留農薬やオイルを落とすより、剥いた方が早いですから。

という事で、恐る恐る初投入。

丸ごと入れても、全然余裕で粉砕してくれました。このパワーは、感動。

左の排出口から次々とカスが出てきます。

出来上がったジュースは、付属のジュースカップではなくダイソーで買ったシェーカーを使っています。

5本で200ml少々のジュースがいとも簡単にできました。いやー、色が鮮やか。

あまくてうまい。体に染み込みます。

カスは、こんな量になりました。

低速ジューサーは、野菜や果物のエキスのみを絞り出してくれるので良いですよね。少し前まで、にんじんやりんごをおろし金でおろしてから、絞り器に入れてジュースに作るという方法をやっていましたが、サイレントジューサーのお陰でかなりの時短です。

ブレンダーとの違い

ブレンダーだと、モーター音はうるさいし、量も多くなるし、味も苦いしとあまり良い印象が無かっただけに、サイレントジューサーで作ったジュースの味は、本当に良いですね。ハマる理由がわかりました。

食物繊維も腸内環境には必要なものですが、ブレンダーだとにんじんをそのまますり下ろして飲むのと変わらないので、1本でも十分な量になってしまいます。

生の野菜に含まれる栄養を摂取したい、その上で損失がなるべく少ない方法を選びたいと考えると、低速ジューサーは、ブレンダーのウィークポイントをカバーしている感じがします。

サイレントジューサーならエキスのみを抽出してくれるので、栄養の事もそうですが。味が良いので2杯、3杯飲みたくなります。

ジュース作りのおすすめ食材:キャベツ

ちなみに、野菜ジュースの定番はにんじんですが、個人的にハマっているのが、キャベツを入れてジュースを作る事です。

キャベツも生で食べる定番の野菜。
でも、結構食べるのが疲れます。

なら、ジュースにしようと思って作ってみたら、結構美味しくて、すっかりハマってしまいました。それ以来、ミックスして作る食材として、欠かせないものになりつつ有ります。

それに、芯の部分も小さめにすれば、余裕で粉砕してくれるので、キャベツ丸ごと使う事ができて無駄も減ります。

でも、キャベツの中でも更に美味しいものがありました。
それが、紫キャベツ。

えぐいでしょ?この色。笑

色は、インパクト大の紫というかほぼ黒みたいなものですが、普通のキャベツよりまろやかな甘みが出ていて実はすごく美味しいです。

近くのスーパーで紫キャベツ売ってたら、ぜひ試してもらいたい。

ベロの色が紫になるのもぜひ試してもらいたい。笑

尚、普通のキャベツの甘みが足りないなぁと思ったら、リンゴを半分位入れると甘さが引き立ち美味しくなります。

ただ、キャベツ特有のニオイか、残りカスの方が若干漬け物のようなニオイがします。それだけ酵素が生きているのかも。笑

購入方法について

クビンスのサイレントジューサーですが、楽天からも購入できます。

楽天ポイントが欲しいなら、それが一番手っ取り早いと思います。キレイshopの通販サイトからでも、楽天からでも金額は変わりません。

ちなみに私は、楽天市場のアカウントを持っていますが、普通にキレイshopの通販サイトで注文し、直接カード決済した形です。

また、Amazonのアカウントを持っているなら、Amazon Payという方法もありますが、これが少し厄介なのでレポートしておきます。

Amazon Pay決済で2回エラー

キレイshopに直接注文した時のことですが、ショップ内の決済でAmazon Payを利用する事ができます。

ですが、私は、2度もエラーなりました。

この事をキレイshopに問い合わせしたところ、「Amazon Payから請求が何も来てないのでわかりません。こちらに原因が無いので、Amazon Payに直接確認してもらえますか?」のような事を言われたワケです。

そこで、Amazon Payの方に問い合わせしたところ、「クレジットカードの請求が拒否されてますが理由が特定できません。カード会社に問い合わせしてくれますか?それと、カード情報など正しいか確認して貰えますか?」のような返答。

「あー出た出た、このパターン」と思ったワケですが、数日前にAmazonで買い物してるので、カードのエラーはあり得ません。

仕方ないので、カード会社に確認し裏を取り、事細かく状況説明をして差し上げました。笑

その後のAmazon Payからの回答は、「確認しましたところ、クレジットカードのオーソリが販売事業者より取られていない状態でございます。」との事です。

(最初からちゃんと確認しなさいよ…マジ卍)

要するに、販売店の設定がうまく出来ていなかったという事だったので、クレジットカードで直接注文したというだけの話ですが…。

でも、実は、この支払いエラーのお陰で良い事もありました。

それは、注文エラーとなった商品はPro版だった事です。支払いがうまくいかず頭を冷やす事が出来たお陰で、通常版で落ち着いたとも言えます。笑

こんな事があると、別のショップで購入するところですが、トラブル中のキレイshopの対応もとても丁寧だったし、10年保証が付いてくるのは大きい。有機にんじんも捨てがたいと思ったので、クレジットカードに切り替えて購入しました。

こちらは、問題なく一発で決済したので、Amazonペイを利用しなければ何も巻き込まれること無く済む話です。

手入れが面倒?そんな事無いよ!

こうしたジューサーのレビューでよく出てくるのが、手入れのしやすさですが、事前に知り得た情報ほど手間ではありませんでした。

そのちょっとしたコツをレポートしておきたいと思います。

その手入れの手間を減らす為に用意して欲しいのが、この二つです。

このステンレスメッシュのボウル、もしくは、金網のボウル。それと、水切りネットです。ネットは、ダイソーで買いました。

これがあれば、ほぼすすぐだけで済み、排水口にカスが溜まることもありません。

とりあえず、ドラム蓋を外してシャーっ!!

ここは、ほとんどカスが付かないので簡単。

続いて、ドラム、ストレーナー、回転ワイパー、そして、スクリューを丸ごと外してシンクに移動します。

まずは、スクリューを外して水切りネットの上でシャーっと洗い流します。

この時、スクリューの裏側にもこびりついている事があるのでよく流します。

続いて、ストレーナーと回転ワイパーは一緒のまま外して、同じように、水切りネットの上でシャーと洗います。

ステンレスメッシュの目詰まりをキレイにしたいなら、付属のブラシを使うと楽ですが、そんなに気になるほど詰まったりもしないので、私は、お湯のみで簡単に済ませてます。

最後にドラムを洗うのですが、この時、かすの排出口が詰まっていてお湯で洗っても詰まったカスが出てきません。

木製の箸など傷つかないもので、ある程度ほじくり出してからすすぐと良いですよ。

洗剤を付けてスポンジで洗うのも良いと思いますが、すすぐだけでも結構簡単にキレイになり、カスを捨てるのも楽です。

少しカスが取れにくいなと感じたら、スプレータイプの食器にも使える洗剤があるので、それをシュッシュッとかけてキレイにすすいで終わりな感じです。

後は、水切りネットのカスから水分を絞りゴミ箱に捨てれば終了です。

使い始めて、最初の3回目位までは要領を得ずにシンクの排水口が詰まって洗うのが面倒に感じていたのですが、この方法に気づいてからは、結構簡単になりました。

コンテンツ